性病を予防するためには

girl crying

性病は、セックスの際に起きる粘膜同士の接触によって感染するものです。そのため、コンドームは予防法として非常に有効な手段となっています。その他にも、互いに事前の検査を済ませておくなどしておけばさらに安心でしょう。

この記事の続きを読む

感染経路の把握

blister packs

性病にはさまざまな種類がありますが、すべてがセックスのみを感染経路としているわけではありません。水回りからの感染であったり、オーラルセックスによる感染であったり、とさまざまな報告がされているので注意しましょう。

この記事の続きを読む

適した治療薬の購入

woman lying sadly

現在は性病の種類に応じて、適した治療薬が数多く開発されています。専用の通販サイトを利用すれば、簡単に個人でも簡単に購入することができるのですが、その場合、性病に対する知識をしっかり持っておく必要があるでしょう。

この記事の続きを読む
Pills pink color

性病への危機意識

pink blister

異性とのセックスを楽しむうえで、必ず意識しておかなければならないことがあります。
それが性病に関する問題です。
現在日本で報告されている性病の種類は非常に多く、クラミジアやヘルペスといった有名な性病をはじめとしてさまざまなものがあります。

性病をなぜ危険視しなければいけないのかというと、どんどん他人へと感染していくものだからです。
性病の種類はいくつもありますが、すべてに共通しているのが「セックスを感染経路としている」ということです。
つまりセックスをしなければ感染することはほとんどないということなのですが、実際問題そういうわけにもいきませんよね。
男女ともに性に対する興味関心を強めている人も増えていますし、軽い気持ちでセックスを楽しんでいる人も多いです。
性を楽しむこと自体は問題ないのですが、問題は性病に対する意識の問題なのです。
性病の種類によって細かい症状は異なるものの、基本的に性器周辺に痒みや痛みを生じることになります。
もちろんそれ以上の症状だってあります。
決して軽視できる症状ではないのに、あまり性病に関して意識している人がいないというのは、やはり他人事のように思っているからでしょう。
目に見えない病気ですし、誰がいつ感染源となっているかも発見するのは困難です。
感染してしまえば、今度は無自覚のうちに自分自身が感染源となってしまうのです。
自分の身を守るためにも、そしてあらたな被害者を出さないためにも、もっと性病に対する意識を強める必要があるのです。
クラミジアの感染率が断トツに高い日本ですが、きちんと治療をすれば完治する病気です。クラビットやジスロマックといった抗生物質を服用することで治療ができます。大切なのは治療をせず感染したままにしてしまうことです。知らずのうちに第三者へとうつし、蔓延を防ぐことが非常に重要です。