性病を予防するためには|クラミジアなど性病の種類によって適した治療薬を使い分けよう

性病を予防するためには

girl crying

性病の種類は数多く報告されていますが、日本で現在感染者が多いのがクラミジアです。
その他にもヘルペスであったり、梅毒であったり、さまざまな性病が存在します。
性病はセックスを感染経路として感染・発症するので、セックスをする際は性病に対しての危機意識を持つ必要があるのです。

セックスをおこなうことで、性器同士が接触するわけですが、このときの粘膜の接触によって菌が感染することになります。
そこで、性病予防として非常に有効なのがコンドームの着用なのです。
コンドームは避妊具の中でも最も使用されているものです。
コンビニでも簡単に購入できるうえに、避妊具としても非常に優秀な効果を発揮してくれるものとなっています。
コンドームはペニスに被せて使用するわけですが、このとき粘膜の接触も同時に防いでくれるため、避妊をすると同時に性病予防もおこなってくれていたのです。
あまり性病予防として意識したことはないもしれませんが、コンドームをしっかり着用しているかどうかというのは実は重要なことなのです。
しかし、最近ではコンドームをつけたがらない人も多いです。
避妊をするという目的であれば、低用量ピルなどでカバーすることができますが、これでは性病予防をすることはできません。

その他の予防策として、セックスをする前に互いに検査をおこなうというのも有効です。
性病を持っていないことを明らかにした状態であれば、当然安心してセックスを楽しむことができるでしょう。
ただし、検査をしても、その他の不特定多数の異性と関係を交わしてしまっては意味がありません。
いつ誰から感染するかわからないので、信頼できる特定のパートナーとだけ楽しむようにするべきでしょう。